2013年05月09日

レーダー探知機の基礎知識〜役割と種類〜

レーダー探知機の役割
レーダー探知機とは、路上に設置されているレーダー(オービス等の速度取締装置)から発せられるレーダー波や、緊急車両等が使用している無線を受信してドライバーに事前に警告してくれる装置です。
しかし全てのレーダーに反応できるわけではありません。近年ではレーダー波を全く使用しない取締機も増えてきており、ループコイル式オービス、LHシステムなどがそれに該当します。
また、最近のレーダーではGPS機能によるレーダー警告以外の便利な通知案内やOBDUアダプターというオプション品の使用により、車両情報の案内を受けることも可能になり、より便利なものとなってきています。(詳しくは後ほど)

※ループコイル式オービス、LHシステム
道路内にコイルが埋め込まれており、その上を通過した車両の速度を計測して違反車両の撮影を行う装置のことです。フィルムカメラ式のものがループコイル式オービス、CCDカメラ式がLHシステムと呼ばれています。高速道路や幹線道路などに多く設置されています。
ただし、設置されている場所は基本固定です。、上でも挙げたように、レーダー波が使用されていないシステムですので、レーダー波などを感知して事前に回避といったことは出来ませんが、GPS搭載レーダーなどであればその位置を把握することが可能になり事前に知ることが可能です。


レーダー探知機の種類
レーダー探知機の種類と言っても、機能面、形状など様々な種類がありますので分けて説明したいと思います。
まずは、機能面の種類から

GPS非搭載レーダー
レーダー式オービス(皆さんもよく見掛けることの多いと思われる道路の上部にレーダーが設置されているタイプのオービス)などレーダー波を発する取締装置などだけに対応できるタイプのレーダーであり、ループコイル式やLHシステムなどのレーダー波を使用しない装置などへの感知・警告はできません。
現在ではGPS搭載レーダーのほうが主流であり、非搭載レーダーは一昔前のレーダーといった感じになりつつあります。
GPS非搭載のレーダーでは、上でも挙げたように対応できない取締装置も多く、現在の取締状況を考えるとないよりはマシぐらいといったところでしょうか。
このタイプのレーダーの特徴としては、価格がレーダー本体にソーラーパネルが付いており、シガーライターなどの電源以外にも太陽光による充電が可能となります。まぁ、正直必要な機能かと言われたら何とも言えませんが(笑)

GPS搭載レーダー
GPS搭載レーダーでは、非搭載レーダーでは対応できないレーダー波を使用しない取締装置(ループコイル式オービスなど)などへの対応も可能になります。
それを可能にしている原理としては、本体に内蔵されたGPSアンテナで自車位置を測定、あらかじめレーダー内にインプットされている取締装置(固定式)の位置情報と照らし合わせ、取締装置付近に接近した時に警告してくれるというものです。
もちろん、従来のレーダー波式の取締装置を感知する機能も付いていますので、1つのレーダーでどちらのタイプの取締装置にも対応可能となります。
しかし、あらかじめインプットされているデータだけでは、その後に新しく設置された取締装置への対応はできません。
そこで、データ更新という作業が必要になります。
このデータ更新を行なうことにより、新しく設置された取締装置への対応も可能となります。
データ更新は一般的に有料となりますが、メーカーや商品によっては、〇年間データ更新といった特典がついているものもありますのでご購入の際はそちらも確認してみましょう。

続いて、形状の種類の説明です。

サンバイザー取付タイプ
サンバイザーに挟み込んで取り付けることが可能で、ダッシュボード上に固定して使用することも可能です。
先程も説明しましたが、GPS非搭載型の多くがこのタイプであり、ソーラーパネル機能もついています。


セパレートタイプ
GPSアンテナと本体(モニター部)が別体となっているタイプのレーダーで、本体(モニター部)は一般的にダッシュボード上など見やすい位置に取り付けします。
GPSアンテナと本体が別体のため、取付・配線作業が若干手間なのがネックでしょうか。



GPS内蔵タイプ
上のセパレートタイプと、本体(モニター部)形状は同じですが、違いはこの本体内にGPSアンテナが内蔵されていること!
これにより配線が電源線のみとなり取付が楽になります。
現在は、各社セパレートタイプものからGPS内蔵タイプのものに移行しつつあります。



ミラータイプ
最近では、ルームミラー形状のレーダーなんてものも存在します。
ミラー部分の端っこに小さく警告画面などが出てくるだけですので、視界不良になるということもありません。(電源を切ったり、表示を消すことで普通のミラーとしても使えますし。)
固定は、社外品の後付けルームミラーなどの取り付けと同じで車の純正ミラーに本体(ミラー部)裏側のグリップを利用して挟み込むだけ!
こちらのタイプも本体にGPSが内蔵されているものがほとんどなので、あとは電源線の配線処理をするだけでオッケーです。
ただ、キレイに線を隠すにはフロントガラス上の内張り内や横のピラー部分の中を通すなど知識と技術が必要になりますので、自信のない方は素直にプロにお任せしましょう。



レーダーの便利機能
冒頭でも少し触れましたが、最近のレーダーには機種によって様々な便利機能が搭載されています。
例えば、GPS搭載タイプのレーダーでは様々な位置情報がインプットされており、例えば事故がよく発生する場所や道の駅がある場所などなど、取締装置の位置情報以外にもその付近に近づくことにより様々な案内・警告をしてくれる機能もあります。(案内される内容はメーカーや機種によって違いはあります)
例えばそれが自分にとって必要のない案内や警告であった場合は、設定で個別に通知を止めることも可能です。
また、同じくGPS機能を利用し、オービスなどの取締装置の設置箇所に近づくと、本体の液晶画面にその実際の設置箇所の画像が表示されるという凄い機能を持つレーダーもあります。この実写機能により、音声や残りどれぐらいの距離でその地点に到達するかの表示だけよりも、実際の設置風景が画像で事前に確認出来るため設置箇所の把握をしやすくなります。(表示されるのは。本体にインプットされている箇所に限りますが)

また、レーダー取付の際にOBDUアダプターというものを用いることにより、また上記とは違った情報も手に入れることが出来ます。
ではOBDUとは何か?
車両自己診断や自動故障診断とも呼ばれ、OBDからはその車の様々な情報を得ることができます。一般的には故障診断の際に専用のスキャンツールを利用してここからどこが悪いのかなどの診断を行ないます。
そして、このOBDと呼ばれるコネクターにOBDUアダプターを使ってレーダーと接続することにより、その車の車速・回転数・水温・電圧・エンジン負荷状態・燃料消費量”などの様々な情報を得ることができ、レーダーの液晶画面上で確認することが可能になります。
正直マニアックな情報が多いのでホントに必要なものかどうかはその人次第ですね(笑)
レーダーとしての機能面では、正確な車速情報やジャイロセンサー機能により、一般的なGPSだけのレーダーよりも正確な自車位置を掴むことができ、速度や距離感の誤差が少なくなります。
取付自体は簡単で、OBDのコネクターの位置はメーカー、車種によってことなりますが、車内にあるそのコネクターにOBDUアダプターを差し込みあとはレーダーと繋ぐだけ!差し込むとこがシガーソケットかOBDのコネクターかの違いです。
(OBDコネクターの形状はどの車も同じですが、メーカーや車種ごとに切り替えスイッチによる設定が必要で、設定が間違っていると電源が入らなかったり、情報が得られません。)
適応車種、メーカーごとのOBDコネクタの位置、設定方法などは、メーカーの適合表(お店の売り場やホームページ)で閲覧可能ですのでご購入前にご確認ください。



最後に、レーダー探知機は取締情報などを案内・警告してくれる便利な商品ですが、全ての取締情報などを察知できるものではありませんし、過信は禁物です。
日頃からレーダーに頼らなくても済むような安全運転を心掛けましょう!


posted by リョウ at 02:26| Comment(0) | 電装品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

オーディオデッキの基礎知識〜役割と種類〜

オーディオデッキの役割
オーディオデッキとは、本来はCDなど音楽を再生するプレーヤー本体のことで、呼び方としては、オーディオ、オーディオユニットやヘッドユニット、レシーバーなど様々な呼ばれ方をします。
僕も、オーディオデッキ(もしくは略してオーディオ、デッキ)など状況により呼び方を変えて表現することがありますがどれも同じ物(オーディオデッキ)を指していますのでご理解をお願いいたします。

オーディオデッキは、音楽を再生する上で核となるユニットであり、これがないと音楽が再生出来ないのは当然のこと、このデッキの性能によって音質は劇的に変化します。
純正デッキの状態からカーオーディオの音質向上を図りたい!という方は、まずは核となるデッキを社外品のものに交換することをオススメします。
また、オーディオやナビゲーションなどを未装着の状態をオーディオレスと呼びます。
新車購入時に純正オーディオや純正ナビではなく、後から社外品のオーディオやナビを取り付けしたいという方などはこのオーディオレス状態で購入することにより、純正オーディオ付きの状態で購入するよりも純正オーディオを取り付けない分値引きを受けることができ、お得に購入することが可能になります。
オーディオレスの仕様があるにもかかわらず、純正オーディオ付きで購入し、納車後すぐに社外品に交換!では純正オーディオ分の費用が無駄になってしまいますからね(汗)
新車購入時で、社外品のオーディオを取り付ける予定の方などはオーディオレス仕様で購入された方がお得ですので、購入の際はあらかじめ購入予定の車種にオーディオレスの仕様があるか確認しておきましょう。

オーディオデッキの種類
オーディオデッキには、種類というか2つの規格が存在します。
・1DIN(ワンディン)デッキ
・2DIN(ツーディン)デッキ
という2つの規格があり、どう違うかを簡単にいいますと、オーディオデッキのサイズが異なり、
縦50mm×横178mmのサイズを1DINサイズ、これにもう1DIN1個分、縦50mmを上乗せしたサイズのものが2DINサイズと規定されています。
一般的に車にはオーディオデッキを取り付ける為の横長の長方形の四角いスペースが存在します。(異形オーディオ車などは除く)これは、どの車もこのDIN規格(サイズ)に合わせて作られており、また当然、社外品のオーディオもこのスペースに収まるようにDIN規格で作られていますので、そのスペースがある車であれば、どのオーディオデッキでも取り付け可能となります。
↓1DINデッキ↓

↓2DINデッキ↓


上記の説明だけでは、えっ、サイズが違うだけ?2DINのスペースがあるのに1DINのデッキ付けたら半分スペース余っちゃうじゃん!などと思われる方もおられると思いますのでそれぞれの特徴を紹介したいと思います。

1DINデッキ
種類が豊富であり、2DINに比べ価格帯が安いものが多く安い物で1万円を切る価格から購入が可能です。(取付キット、工賃など除く)また取付時に余った、もう1DINスペースに小物入れなどを設置できることが出来る為、2DINのスペースの半分が空洞になってしまう・・・なんて心配はいりません。

2DINデッキ
1DINデッキに比べ、種類の幅が少なく価格帯も高いものが多いですが、その分1DINより高機能、多機能な物も多く、見た目の部分からもパネルとの一体感やイルミネーションの鮮やかさなどでは勝ります。
また、最近増えてきているDVDが再生可能なモニター付きのオーディオもこの2DINサイズ(もしくは上が開閉式のモニター、下がオーディオデッキ本体の1DIN+1DINと呼ばれるサイズ)の商品となります。

音質などの違いに関しては、2DINのほうが勝ると言われることもありますが、正直メーカーや製品のグレードによっても差があるので一概にそうとも言い切れないです。

デッキ同様にインダッシュナビもこのDIN規格で設計されています。(2DINもしくは先程も挙げた1DIN+1DIN)

※最後に純正オーディオから社外オーディオに交換する際の注意点

・純正オーディオでパネルとオーディオ(ナビ)が一体になっている異形オーディオと呼ばれるオーディオが付いている車種も存在し、そういった車種はそのままの状態では、DINスペースが存在しない為、その車種専用で出ている社外オーディオ取付用のパネルに交換しないと社外オーディオなどの取り付けはできません。しかしそういったパネル自体が存在しない車種も多数ありますのでその場合はパネルなどを加工して取付などしない限り、取り付けが不可となりますのでご注意を。

・純正オーディオから社外オーディオに交換する際は、社外オーディオ本体だけを用意するだけでは基本的に付けれません。
純正オーディオと社外オーディオではデッキ裏に差す電源線などのカプラー形状が違い、そのままでは差せませんので配線の変換が必要になります。また、車種により、デッキを固定する金具なども純正の物から別の物に交換(もしくは純正の物に+して取付)が必要になるものもある為、配線変換ハーネスもしくは取付金具などとセットになった取付キットが別途必要になります。
車種やメーカー、年式などにより、ハーネス、金具の形状が違う為、その車にあった取付キットを選ぶ必要があります。
車種、年式、型式などの情報があればわかればサイトで調べたりも可能ですし、カー用品店などでは、取付キットの適合表が置いてありますのでそちらでも確認が可能です。(店員さんと選べば、一緒に調べてくれるはずです。)

posted by リョウ at 00:38| Comment(0) | 電装品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

スピーカーの基礎知識〜役割と種類〜



スピーカーの役割
車におけるスピーカーの役割は、主にカーオディオやナビの音声案内などの音を鳴らすものであり、このスピーカーを交換したり、増設することによりよりよい音で音楽などを楽しむことが可能になります。

スピーカーの種類
車には様々な箇所にスピーカーが取付可能であり、主に
・フロントスピーカー
・リアスピーカー(サテライトスピーカー)
・センタースピーカー
・サブウーファー
といったスピーカーが存在します。

フロントスピーカー
一般的にフロントドア内や車によってはダッシュボード上や足元奥に設置されているスピーカーです。
基本的に新車時から標準装備されていることが多いですが、車種や同じ車でもグレードにより、元々スピーカーが設置されていないという場合もありますのでそういった場合は新規でのスピーカー設置が必要になります。


リアスピーカー
一般的にリアドア内や車によっては後部座席の後ろ辺りの内張り内に設置されているスピーカーです。
フロントスピーカー同様、車種や同じ車でもグレードによっては元々スピーカーが設置されていない場合もあります。
また、サテライトスピーカーと呼ばれるリアの天井付近に設置することにより、ドアなどに設置するリアスピーカーに比べ音の臨場感を出すことが可能になります。



センタースピーカー
5.1ch化(※後ほど説明)する際に必要なスピーカーであり、取付位置は主にダッシュボード上など聴取者の前方に設置します。
主に映画などのセリフの再生の際に力を発揮します。


サブウーファー
サブウーファーはスピーカーだけでは不足している低音を補う為のスピーカーであり、設置することで重低音の聞いた音楽などの再生が可能になります。設置場所はサイズにもよりますが、一般的にシート下やトランク内に設置することが多いです。


※5.1chとは
5.1chとは、前方3台、後方2台のスピーカーに加え、重低音を担当するサブウーファーを合わせた6つのスピーカーによるサラウンドシステムのことで映画館にいるような臨場感ある音声を楽しむことが可能になります。

センタースピーカー(1つ)・・・1ch
フロントスピーカー(左右)・・・2ch
リアスピーカー(左右)・・・2ch
サブウーファー・・・0.1ch
を合わせて5.1chとなります。
ただし、以上のスピーカーを設置すればCDなど全ての音声が5.1ch化されるわけではなく、音声設定で5.1chが選択可能なDVDなどを再生させた時にのみ主にその力を発揮します。また、5.1ch化に対応しているオーディオ機器やナビでないと5.1ch化することはできませんので、挑戦される際は事前に自分のオーディオ機器が5.1ch化に対応しているか確認しておきましょう。

オーディオの音質向上を図る方法はたくさんありますが、1番ポピュラーで効果が感じられるものはオーディオ本体の交換もしくはスピーカーの交換かと思います。
純正スピーカーをご覧になったことがある方はわかると思いますが、純正スピーカーは社外品のスピーカーに比べ作りが質素でありパッと見、外観は紙とプラスチック?って感じです(笑)
いくら高音質のオーディオ本体を取り付けたところでその音を鳴らすスピーカーがショボいとせっかくの高音質のオーディオも力が発揮しきれずにもったいないですよね。
車外品のスピーカーもサイズなどにもよりますが、一流メーカーの安いものでも6〜7千円から購入可能だったりしますし、それに交換するだけでも純正スピーカーに比べると格段の音質向上が図れると思います。
ドアなどに取り付ける埋め込みタイプのスピーカーには、コアキシャルタイプとセパレートタイプと呼ばれる2種類のスピーカーが存在します。
スピーカーには、高音を鳴らすツイーター(ツィッターではないですよw)と中低音を鳴らすウーファーという部分があり、この2つが一体になっているスピーカーがコアキシャルタイプ、この2つが分離しているタイプがセパレートタイプと呼ばれています。
セパレートタイプは、ツイーターが分離していることによりウーファー部をドアスピーカー位置に取り付け、ツイーターをダッシュボード上やドアパネル上などに取り付けることが可能で、そうすることによりコアキシャルタイプに比べ高低音のメリハリができ、高音をより聴取者に近い位置で鳴らすことができますので高音がはっきりとした音楽を楽しむことができます。
その分、コアキシャルタイプに比べお値段は張りますけどね( ̄ー ̄;)

posted by リョウ at 01:19| Comment(0) | 電装品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。